• ホーム
  • 性病にならない為にできることは

性病にならない為にできることは

考える女性

性病にならないためにできることは、これは非常に簡単なことであり性行為をしなければ感染をすることはありません。
非常にまれな確率で性行為をしていなくても、感染をしてしまうというケースは有りますがこれは普通に生活をしている分にはほぼありえないものであるため、性行為さえしなければ基本的に性病に感染することはありません。

しかし、性行為を我慢するというのも難しいものですから、性行為はしたいけれども感染をしたくないというのであれば、できるだけ性病に感染する確率を減らすことが重要となります。
まず、信頼できるパートナーとだけ性行為をするようにして不特定多数の相手と、性行為は避けるようにしましょう。
不特定多数の相手と性行為をしていれば、感染するリスクが飛躍的に高まってしまいます。
そのような相手はまた別の相手と性行為をしている可能性が高いものですから、どこかでひとりが感染をしていれば、そこが起点となってあっという間に性病が広がってしまうので多くの相手と性行為をすればするほどリスクは高まります。
そのため、まずは信頼できるパートナーとだけ性行為をすることが重要です。

次にコンドームの着用をするというのも、リスクを低下させるには効果的な方法であり、粘膜との接触を防ぐことが出来るためこれだけでも性病に感染をする確率は下げることができます。
コンドームの着用をする場合、挿入の直前にすればいいというのではなく、できるだけ性行為が始まった直後からつけるようにしましょう。
途中からつけるようでは、その間に感染をしてしまうリスクがあるのでコンドームの効果も半減してしまうことになるため、性病予防の観点でコンドームを付けるなら最初の段階でつけることが大切です。