• ホーム
  • 性病とクリニックと蕁麻疹について

性病とクリニックと蕁麻疹について

性病は、風俗店やキャバクラ店、風俗嬢との体の関係や、キャバクラ譲との体の関係から、性病などが移されることがとても多いことが指摘されています。
性病には、カンジダなどの他、梅毒などの性病などがあり、クリニックに行けばどのような性病であるのかについて説明をしてくれます。

梅毒は、昔の中国や日本で流行した性病であり、上記のように風俗やキャバクラ譲などのように、不特定多数の男性と性的交渉を行っている人との性交渉で、感染するものであり、昔から恐ろしい病気として伝わっています。
女性の場合に、このような梅毒になってしまった場合には、蕁麻疹のような酷いかゆみなどが出て、陰部に汚いものが多く付着すると同時に、先述したように、とても辛い症状が出ます。

カンジダは性病と言われていますが、一方で、性交渉などを行ったことがない処女の人、少女でもかかることがあり、これは原因としては、風邪薬に弱い人、風邪薬などを飲んでしまった結果、体にある良い菌までもが、風邪薬の抗生物質などが物質が壊してしまい、その結果、かゆみなどが出るケースであり、性交渉などがなくても、かかってしまう病気となっています。
このカンジダについても、蕁麻疹のように、かゆみが出ることが特徴であり、陰部に何かもぞもぞするような辛いかゆみと同時に、お風呂などで、お湯や水で洗っても、なかなかかゆみが取れないことが特徴です。

そのような場合には、クリニックに行き、女性の場合には産婦人科などでも対応を行ってくれます。
その場合には、膣内の洗浄を行い、しっかりと膣内を洗った後に、抗真菌薬を膣の中に挿入することで、カンジダは徐々に完治すると言われています。