• ホーム
  • 中だしは性病に、思いつめて精神疾患になるリスク

中だしは性病に、思いつめて精神疾患になるリスク

性行為をするときに、コンドームを装着しなかったら、妊娠する可能性だけでなく性病を移したり移されたりする可能性があります。
性病は粘膜が接触することにより感染率が上がることがわかっています。
セックスの時にペニスを膣に挿入したまま中だしすると、粘膜と粘膜が接触していますから、そこから性病になってしまう可能性があります。

性病は性器周辺が痒くなったり出来物ができるだけではありません。
男性の場合は尿をするときにも痛みを感じるようになったり、いぼができて触っていないのに痛みを感じることがあります。
また、発熱や下痢、食欲不振など全身に影響を及ぼす恐れがあります。

女性の場合は性器の周辺に吹き出物ができたり、おりものが増加する、男性と同じように発熱や下痢など風邪のような症状が出ることがあります。
女性の場合は、性病にかかることによって妊娠しにくい体になる恐れもありますから、妊娠を希望しているときは性病にかかったことにより思いつめてしまい、精神疾患になってしまう可能性があります。
そのため、子どもを望んでいない性行為の時は必ずコンドームを装着するようにし、不特定多数を相手にした性行為はやめる必要がります。

心配な時は、早めに医療機関で診察を受けて性病にかかっているかどうかを調べてもらう必要があります。
もし性病にかかっていた場合、発見が遅れていたら治療期間が長くなってしまうことがありますが、早めに発見していれば投薬治療だけで済ませることができます。
子どもを望まないときは、病気予防はもちろん、妊娠をしないようにするためにコンドームを装着し、中で出すことはしないようにするのが大人としての常識になっています。